面白の絡繰

映画・ゲーム記事メインの雑記ブログです。

【レビュー】『Razer Kraken Pro V2』 を使用した感想! 眼鏡の方に超オススメのゲーミングヘッドセット!!

どうも、絡繰伊織です!

僕はPS4でFPSの『レインボーシックス シージ』をプレイしているのですが、ヘッドフォンをつけていると耳が痛くて仕方ないんです。というのも、僕は視力が悪くて眼鏡をかけているので、ヘッドフォンをつけると違和感があるし長時間の使用になると眼鏡の先セルが押し込まれて耳が痛くて痛くて。

そこで、眼鏡をかけていても痛くないヘッドフォンを新たに購入する事にしました。

池袋の『ビックカメラ 池袋本店パソコン館』4Fにあるゲーミングフロアで様々なゲーミングヘッドセットの試着をし、眼鏡着用時でも痛くならない製品を探してきました!

 

 

その結果、1つの製品が見つかったので購入する事に!

その名も、Razer Kraken Pro V2 (Black Oval)

f:id:karakuri-iori:20180410203210j:plain

FPSプレイヤーには知名度が高いRAZER製品。

友人もRAZER製品を使用していて、その装着感や音の聞き分けについて凄く良く評価していたので、安心して購入に踏み切れました。

 

僕は音や構造に関して完全に素人なので、素人目線でレビューしていきます!

製品のカラーバリエーションは、ブラックグリーンホワイトの3色があります。
追記:ピンク色が発売しました!!

 

 

 


Razer Blade Stealth

 

オススメのポイント

要点だけ知りたいという方のために、先ずこの製品のオススメポイントを!

  • PS4で使用可能
  • 眼鏡を着用していても痛くない
  • 長時間使用に耐えられる
  • ミュートスイッチ・ボリューム調整リモコンがある
  • ゲーム音が明確に聞き分けられる(R6Sで敵の位置判別も余裕)
  • マイクの音質が良い(中の上)
  • 3.5mmアナログオーディオ端子接続
  • デザインが超クール

上記の点がゲーミングヘッドセットに求める要素と合致していたら購入をオススメします!

 

 

付属品・外観

f:id:karakuri-iori:20180410205032j:plain

余分な物を省き洗練された外観のヘッドセットです。

黒色の Black Oval は落ち着いた雰囲気なので、レイザー特有の緑の派手なイメージが苦手な方でも問題ありません。

本体の他に、英語の説明書、2mの延長コード、RAZERロゴのシール が付属していました。

ヘッドバンドの上にRAZERの文字、左右のドライバーにはREZERのロゴが刻まれています。

f:id:karakuri-iori:20180410212240j:plainf:id:karakuri-iori:20180410212124j:plain

 引用:https://www.amazon.co.jp/

 

 

機能

  • イヤーカップ内径:56mm
  • 重量:322g
  • ケーブル長 1.3m(4極ステレオミニプラグ) +延長ケーブル2m(4極ステレオミニジャック - ピンク&グリーン分岐3極ステレオミニプラグ)
  • 周波数特性:12Hz - 28kHz
  • インピーダンス:32Ω @ 1kHz
  • 感度:118dB @1kHz
  • 最大許容入力:30mW
  • ドライバータイプ:50mm (ネオジム磁性体)
  • マイク感度: -38 ± 3dB
  • マイクSN比:55dB以上
  • マイク周波数帯域:100Hz〜10kHz
  • マイク指向性:単一指向性
  • インラインリモコン:ボリューム調整、マイクミュート
  • バックライト:なし
  • その他の特徴:アルミフレーム
  • 付属品:延長ケーブル2m
  • 接続方式: 3.5mm (4極ステレオミニ)または、3.5mm(3極、ピンク&グリーン)
  • 対応プラットフォーム
  • Windows / Mac / PS4 / Xbox One* / 3.5mm オーディオ端子搭載のモバイル機器
    (*Xbox Oneへの接続には別売りアダプターが必要です)
引用:https://www.amazon.co.jp/

 

 

装着感

僕は頭が小さい方なのですが、大きすぎたり小さすぎるという事も無く、締め付けられる痛さは皆無です。問題なく使用できます。

また、眼鏡をかけていても痛くなりません!!

4時間ほど連続してゲームをしていても痛くなりませんでした。
楕円形のイヤーパッド、フカフカクッションのおかげです。試着さまさまですね。

僕はヘッドフォンと眼鏡を併用するために、眼鏡の耳にかける《先セル》と《つる》が薄い眼鏡を使用しているのですが、それでも他のヘッドホンでは耳の裏が痛くなってしまう事が多かったです。しかし、この製品ではそれがない。痛みは感じませんでした。

ただ、眼鏡着用時にヘッドフォンをつけると必ず発生する、押し込まれている僅かな違和感だけは感じてしまいます。長時間つけていると忘れる違和感ですが、これはもう避けられません。視力弱者の宿命だと受け入れましょう。

それすらも嫌だと言う方は
『Astro Gaming A40 TR』が超お勧めです

詳しくは後述↓↓↓ 

 

 

 

ヘッドフォンの音

R6Sで敵の方向を足音で判断余裕でした!
微妙な動作音も聞き取って決め撃ち余裕です。最強です。

僕は音楽や音質について詳しい知識はないのですが、足音判別が可能という事実だけあればゲーミングヘッドセットはOKだと考えます。

ただ、ゲーム以外の用途でも素晴らしい音質なのは間違いありません。

今もこの記事を書きながらミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』の曲を聞いているのですが、臨場感が半端じゃない。以前までは聞こえていなかったアンサンブルの一人一人の声も判別できます。本当に耳元でヒュー・ジャックマンが囁いてくれていれているかと思えば、自分もグレイテストショーの観客の一人になったかと錯覚できる迫力!

どうでもいいですけど、グレイテスト・ショーマンの中では『The Othr Side』が一番好きです。あのテンポと二人の動き、感情のぶつけ合い、そこに加わるバーテンダーのノリが最高!

The Other Side

The Other Side

  • ヒュー・ジャックマン & ザック・エフロン
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

マイクの音質

マイクの音質は中の上といったところです。

今まで使用していたUSB接続のマイクに比べると、僅かにですがクリアさが欠けてしまっている部分があります。ですが、ヘッドセットに搭載されているマイクと考えれば、とても素晴らしい音質です。とても良く音を拾ってくれます。

逆にリップノイズや息が気になるかもしれませんが、マイクは完全格納式で方向も変えられるので、それで対応できます。

ボイチャ通話に使う分には全く問題なく、辛辣な友人にも十分な音質と言ってもらえました。※別の友人は普段のUSBマイクより音質良くなったと言ってくれました。やっぱりRAZERのマイクって凄い。

 

 

『Astro Gaming A40 TR』との比較

上述した『Astro Gaming A40 TR』との比較です。

僕は以前こちらのAstroを使っていたのですが、この製品の何がいいって、Krakenよりも眼鏡着用時の違和感が少ないんですよね。

超フカフカなイヤーパットのおかげか、とにかく耳が痛くならない。
違和感がない。

この商品は、まさに眼鏡用ヘッドセット
何十時間つけていても痛くならないんじゃないかな。本当に。

足音の聞こえ方もKrakenと同等以上です(アンプ使用)。アンプが最強すぎるので仕方ない。ただ、PS4でFPSをする分には、PS4の特性上から2つの製品で大きな差はありません。

マイク音質

しかし、Astroはマイクの音質が悪いなんですよね。はっきり言うとゴミ音質。
凄くこもっていて、クリアさに欠ける音質なんです。

そして、他のUSBマイクを使うための配線がごちゃごちゃして面倒くさい。そこが気に入らずに僕は使用をやめてしまいました。VCで話すなら、自分だけでなく一緒にプレイする相手にも嫌な気持ちはしてほしくないですもんね。

応用性

もう1つのAstroの利点として、AMPのおかげで応用性が高いです。PCの音とPS4の音を同時に聞いたりもできるので、ゲーム配信に興味があるという方は絶対にAstroを選んでおいた方がいいです。後々に後悔しなくて済みます。

そのため、PS4基準で合的に見るとKrakenに軍配が上がります

 

【簡易比較と結論】

装着感……Astro > Kraken
音質………Astro ≧ Kraken
マイク……Astro < Kraken
応用性……Astro > Kraken

予算が少なく、PS4での単体使用が前提ならKraken。
予算が豊富で、PS4以外での使用も考慮するならAstro。

 

 

おまけで購入したイヤホン『K’S 64ohm』レビュー

今回おまけでK’S 64ohmというインナーイヤー型イヤホンを購入しました。

ベッドに寝転がりながら使える耳に負担がないイヤホンが欲しくて、Amazonで評判が良くて安い製品を選びました。

すると、これが中々どうして、想像以上に良い音をだしてくれました。

四角い箱に入っていて、ジップタイプのケースが付属していました。

f:id:karakuri-iori:20180410223149j:plain

頭同様に耳も小さめな僕ですが、ジャストフィットするサイズ。

流石にゲーミングヘッドセットと比べるのは酷ですが、これは1500円と言う値段の割りにはとても透き通っている力強い音を出してくれました。高音に強い印象ですね。3000円以上の製品と比べても遜色ないので、間違いなく2倍の価値はあります。コードは細すぎず安っぽさもありません。

無難を体現したかのような製品。

手頃なインナーイヤー型イヤホンを求めている方にお勧めです!

 

 

まとめ

ということで 『Razer Kraken Pro V2』 を使用した感想でした!

1万円弱の値段で、高い性能十分すぎるマイク音質を備えたゲーミングヘッドセットであり、眼鏡の方に超おすすめの製品です!

耳が痛くならないので、他の製品との違いを実感できます!

池袋に行ける方は一度『ビックカメラ 池袋本店パソコン館』に足を運んで、眼鏡の上から着け心地を確かめてみると良いと思います。

それでは、また次回!

 

 ◆本気でFPSを遊びたい方は、僕と同じ『NURO光』を超オススメ!!◆


ソニーネットワークコミュニケーションズ(So-net)が提供する超高速のブロードバンド回線【NURO光】