面白の絡繰

映画・ゲーム記事メインの雑記ブログです。

SW/EP7 改変part6。新たな『フォースの覚醒』のあらすじ!!

どうも、絡繰伊織です!

今日も今日とて、
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』EP7改変の続きをやっていきます。
※追記:6/25 一部修正!

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (字幕版)

前回はサブキャラクター達を改変しました。

 

Part6となる今回はEP7改変のまとめ・集大成になります。
今回『改変あらすじ』を載せ、EP7改変は終わりです

それでは、やっていきます。

 

 

 

今までのEP7改変まとめ

あらすじを載せる前に、今までの確認をします。

 

EP7改変の方針

EP7は粗が多いものの、新トリロジー1作目としてはそこそこ良い出来
どうしようもない程に駄作なEP8とは違って、少しの変化で良作になりえる。

なので元の骨格を維持したまま欠点だけを直して違和感なくEP8へ繋がるように定・プロットを変えていく。

EP7には全体を通して【一つの問題点】がある。些細に見えるけれど大きな問題。
それはキャラクターの掘り下げ不足】=【キャラクターに魅力がない

キャラクターは創作物の命。

キャラクターがより魅力的になればEP7(及び続編のEP8)は生まれ変われる。
なのでキャラクターごとの問題点を見つけ出し、【キャラクターに関する改変】を軸に新たなEP7を作っていく。

 

今までの改変内容

f:id:karakuri-iori:20180423173911j:plain引用:スター・ウォーズ/フォースの覚醒

レイの改変すべき要素

  1. ジェダイの素質  ……  最初からフォースを使いこなす。
  2. 過去       ……  ミディ=クロリアンから生まれ、そのせいで母が逝去。
  3. 行動理念・目的  ……  『正義を行う』行動理念、『自分の人生を狂わせた力の正体を知り、その力を正しい事のために使う』目的。

 

f:id:karakuri-iori:20180430191413j:plain引用:スター・ウォーズ/フォースの覚醒

フィンの改変すべき要素

  1. 言動の一貫性  …… 無暗にキルしない。ビビりまくらない。
  2. 行動理念・目的 ……『正義を行う』行動理念、『レジスタンスに加わる』目的を明確に。
  3. 性欲      …… レイへのセクハラをやめる。
  4. ジェダイの素質 …… The Force Awakens!

 

f:id:karakuri-iori:20180508170501j:plain引用:スター・ウォーズ/フォースの覚醒

 カイロ・レンの改変すべき要素

  1. 行動理念・目的 ……『自分の存在を認めさせる』行動理念、『ジェダイ粛清』目的を明確にする。
  2. 威厳の維持   …… マスクに意味があり、部下にシカトされず、ゴリラにならない。
  3.  強さ     …… 独自の型で圧倒し、レイには負けない。

 

f:id:karakuri-iori:20180512104321j:plain引用:スター・ウォーズ/最後のジェダイ

その他の改変すべき要素

  1. 過去の英雄達  …… 不幸にするのはまだしも、キャラを壊さない。
  2. ポー・ダメロン …… もっと出しゃばらなきゃダメ論。
  3. ファズマの扱い …… フィンとの因縁を強調。
  4. 怪物とギャング …… 別に必要ない。
  5. スノークの威厳 …… まだ顔を出さない。
  6. 舐めプについて …… ダメ、絶対。全力でキルしに行く。

 

以上が今までのまとめになります。

 

 

新たな『あらすじ』

元のEP7のあらすじに追加・変化を加え、要らない部分を削除した新しい『あらすじ』を載せます。

追加・改変部分は青文字 です。
基本的に色の違う部分だけ読んでいただければ大丈夫です。

※超絶長くなるため、場面ごとに区切ります。
※一部、引用しています。スター・ウォーズ/フォースの覚醒 - Wikipedia

 

― 起 ―

f:id:karakuri-iori:20180605174803j:plain引用:スター・ウォーズ/フォースの覚醒

遠い昔
はるか彼方の銀河系で・・・。

エンドアの戦いから約30年後。

ルーク・スカイウォーカーが姿を消した。その間に帝国軍の残党から軍事組織ファースト・オーダーが生まれ台頭していった。オーダーは新たな脅威となり、最後のジェダイであるルークの始末を狙っていた。

レイア・オーガナ将軍は、新銀河共和国の支援のもと独自の軍事組織レジスタンスを率いてファースト・オーダーに立ち向かうと共に、ルークの行方を捜索していた。
レイアの目的は兄ルークを見つけ、銀河に平和と正義を取り戻すことだった。

そこで彼女は最も勇敢なレジスタンスのパイロットであるポー・ダメロンに、ルークの居場所を示す地図を入手する秘密任務を与え、古い盟友ロア・サン・テッカの居る砂漠の惑星ジャクーへと送った。

 

 ◆――◆――◆

 

惑星ジャクーへ向かうファースト・オーダー(以後オーダー)の船内。

任務の再確認を終え出撃準備を行うストームトルーパー達の中の一人、識別番号 : FN-2187にトルーパー指揮官であるファズマが声を掛ける。

ファズマは彼に、FN-2187は素質があり情を捨てれば場模範的なトルーパーになりえた事、しかし今はそんな自分の期待が地に落ちている事、次の任務が真のストームトルーパーであることを証明する最後のチャンスであり、しくじれば処分や再教育は免れない事を伝え、警告する。

それを聞いたFN-2187は、僅かな逡巡の後に理解した旨をファズマへ伝える。

 

 ◆――◆――◆

 

惑星ジャクーにて、ポーはテッカから地図を受け取るが、それは地図の断片だった。地図の残りの断片も手に入れなければならないが、それでも希望が持てた事にポーが喜ぶのも束の間、カイロ・レンやファズマが率いるファースト・オーダーの軍隊が村を襲撃してくる。

ポーは、惑星ジャクーに来る時に乗ってきた愛機のXウイングにBB-8と乗り込み、地上から離陸し脱出しようとするが、2人のストームトルーパーに見つかってしまい、ブラスターの射撃でXウイングの後部を破壊され、離陸することが出来なくなってしまう。

逃げられなくなったポーは、相棒のBB-8に地図のデータを託して遠くへ逃げるよう指示する。テッカはレンにライトセーバーで斬られ、ポーは携帯していた自分のブラスターでレンに立ち向かうが、レンを狙って放たれたビームは彼が使う強力なフォースの力で止められ、ポーはファースト・オーダーの捕虜になりスター・デストロイヤーに連行されてしまう。

一方、戦友の犠牲を目の当たりにするストームトルーパーのFN-2187。

心が痛み、どうすべきか葛藤する中で、村人を撃つ命令が下る。
しかしFN-2187はやはり命令に従う事は出来ず、発砲しなかった。

ファズマはそんなFN-2187の行動を確認しており、帰還したスター・デストロイヤーの格納庫デッキでヘルメットを外すFN-2187へ、処分を決めるために管理本部へ出頭するよう命令する。

それを聞いたFN-2187は、オーダーへの反逆と離反を決意して、ヘルメットを被る。

 

 ◆――◆――◆

 

その頃。

砂漠の惑星ジャクーでゴミ漁り(廃品回収業者)を生業にしているレイは、スター・デストロイヤーの残骸から価値の出そうな廃品を不思議な直感(フォース)で見つけ出し、入植地の交換所に持ち込む。

廃品を食糧ポーションと交換を求めるが、報酬は明らかに妥当な量ではなかった。レイはそれでも我慢して受け入れたが、正義感から他の人達も自分のように不当な交換を強いられているのが許容できず、僅かに心理操作を使い適切な量へと変えさせる。

自宅にしている残骸となったAT-ATへ帰宅したレイは、フォース・プルを活用してドアを開閉し、皿を引き寄せ、夕食を作る。

レイは壁に印を刻みながら、変わらない日常に辟易として小さなため息をつく。

夕食を食べ終えたレイが棒術の訓練をしようと準備していたところ、砂漠を徘徊していたBB-8の電子音が聞こえ、同業者のティードーに捕えられたBB-8を発見する。

不当な行いが許せない彼女は網を切ってティードーからBB-8を解放しようとするが、ゴねられ、心理操作で納得させる。

ついてくるなと言ってもついてくるBB-8を見て、困惑と同時に小さな喜びが込みあげたレイは、微笑みながら同行を認める。

 

 ◆――◆――◆

 

スター・デストロイヤー内の独房で、ポーはカイロ・レンから拷問を受けるが、ルークの所在を示す地図の在りかを答えるのを拒み続ける。最終手段としてレンは、フォースの力を使ってポーの意識の中を探り、ドロイドのBB-8が地図を持っていることを知る。

その後レンはハックス将軍に、部下のストームトルーパーを使いBB-8の早期発見の捜索を命じる。

 

 ◆――◆――◆

 

翌日。レイは廃品を交換所の商人アンカー・プラットに売りに行く際、BB-8と会話をする。誰かを待っているというBB-8へ、自分も本当はこの星を出て特別な力を有効活用したいが、それでも星に留まらなければいけない理由がある事、自分も何かのキッカケを待っているのかもしれない事を告げる。それを聞いて不思議そうに考え込むBB-8を見て、あなたはキッカケじゃなさそうだと呟いて苦笑するレイ。

そしていつものようにポーションを渋るアンカー・プラットからBB-8を渡すよう唆されるが、レイはそれを断る。

 

 ◆――◆――◆

 

一方、自分の立場を失って追い詰められたFN-2187は、自分の良心に従いファースト・オーダーへの反逆と離反を決意していた。

捕虜として監禁されていたポーを仲間にバレないように密かに独房から救出したFN-2187。

なぜ自分を助けるのかとポーに問われた彼は、「これ以上無暗に人が犠牲になるのは見たくない。たとえ自分がやられるとしても正しい事をしたい」と答える。

本当に逃げられるのかと心配するポーへ、FN-2187は「不思議と上手くいく確信がある」と伝える。

そして逃亡の手順を決める際、FNは「同僚達を傷つけたくない、攻撃したくない」と言う。しかし、それでは逃げることは不可能だとポーに説得され、なるべく威嚇射撃で済ませる事に決めて自分自身を説得する。

2人はスター・デストロイヤーの格納庫デッキに待機してあるTIEファイターを強奪し、スター・デストロイヤーから脱出する。その最中にポーは、FN-2187のことをフィンと名付け、二人は自己紹介を交わして絆を作る。

しかし、追手の攻撃を受けたフィンは威嚇射撃で武器だけを狙うつもりが、直撃させてしまい、オーダー側の兵の命を奪ってしまう。その動揺からフィンが攻撃の手を止めたせいでTIEファイターはミサイルを被弾し、ジャクーへ墜落してしまう。

 

 ◆――◆――◆ 

 

カイロ・レンは裏切り者のトルーパーがFN-2187である事を特定し、ハックス将軍とファズマを蔑視してクローン兵の使用を提案する。

その件でハックスは、かつてファズマがFN-2187に期待を寄せていた事を指摘。侮辱を受けたファズマは酷く憤り、自らの手でFN-2187を始末するため動き出す。

 

ー 承 ー

f:id:karakuri-iori:20180605174835j:plain引用:スター・ウォーズ/フォースの覚醒

TIEファイターに乗っていた2人は墜落時に離れ離れになった。

フィンは脱出装置で機体から射出されたが、墜落した機体にポーの姿はなかった。

フィンは自らの中途半端な信念のせいでポーを犠牲にしてしまった事を悔み、酷く後悔する。墜落時に残されていたポーのジャケットを着たフィンは、何かに導かれるように砂漠を放浪の末、入植地に辿り着いてレイとBB-8に出会う。

BB-8がポーが着ていた上着に気付いたため、フィンはポーと出会ったことを明かす。レイにレジスタンスかと問われたフィンは、とっさに嘘をついてそれを肯定する。

レイはBB-8がルーク・スカイウォーカーの地図の欠片を運んでいる事を知り、驚愕する。

レジスタンスと出会い、神話の人物の名前が出た事でレイはこれがキッカケなのだと悟り、ファースト・オーダーのせいで母を失った過去、レジスタンスに加わりたい思いをフィンへ伝える。それに対してフィンが何と答えればいいか悩んでいる際、BB-8を捜索していたストームトルーパーに見つかり攻撃される。

襲撃を受けたレイは、オーダーと戦う人生へ身を投じる決意を固める。

上空にはTIEファイターが現れ、逃げるレイ達は直感のままに廃品置き場に留置されていたポンコツ船のミレニアム・ファルコンに乗り込み、追手を振り切ってジャクーを脱出する。

 

 ◆――◆――◆

 

危機を脱した2人とBB-8だったが、ファルコン号が謎の大型貨物船のトラクター・ビームに捕獲される。2人は覚悟を決めるが、大型貨物船からファルコン号の船内に乗り込んできたのはファルコン号の元所有者であるハン・ソロとチューバッカの2人だった。

ファルコン号をジャンク屋のプラットにダマし取られていたソロたちは、大型貨物船エラヴァナを使って密輸稼業を営んでいたのだった。

ハン・ソロと出会い、自分達が乗っていた宇宙船がミレニアム・ファルコン号で会った事に驚愕するレイ。

二人はハン・ソロに事情を話そうとするが、直後にファズマ率いるオーダー軍の追手が貨物船エラヴァナに乗り込んでくる。

ソロはオーダーに知られているため、見つかると同時に有無を言わさずに攻撃を受ける。そこでレイ達はソロが捕獲していた3匹の猛獣ラスターを敢えて解き放ち船内を大混乱に陥れ、その混乱に乗じて四人はファルコン号のワープで脱出する。

 

 ◆――◆――◆

 

一方、ファースト・オーダーを率いる最高指導者スノークは、レンに対して光と闇のフォースが覚醒したことを告げ、光の誘惑と決別する試練となる事を告げる。

 

 ◆――◆――◆

 

オーダーから逃げる事に成功した4人。

レイ達はハンに事情を話す。BB-8の地図を見て、それが不完全なものであることを知る。ルークのことをもっと知りたいフィンとレイに、ソロはエンドアの戦いの後のルークについて語る。

ルークはジェダイ騎士団の再建を試みたものの、弟子の一人の少年がフォースの暗黒面に落ちて裏切り、ルークがそれまでに築いた全てをダメにしてしまった。そして噂では、ルークはジェダイ最古の寺院を探す放浪の旅に出たという。

レイはジェダイとフォースについて聞き、自分の持つ力の正体がフォースであることを理解する。正義の騎士であるジェダイへの憬れを抱いたレイは、ソロにジェダイになるには厳しい修行が必要だと教えられる。

 

ー 転 ー

f:id:karakuri-iori:20180605175115j:plain引用:スター・ウォーズ/フォースの覚醒

ソロたちはジャングルと密林に覆われた惑星タコダナへ赴き、友人である酒場の主人のマズ・カナタに助けを求める。

しかし、酒場の店内にいたスパイが、レイたちがタコダナに隠れていることをファースト・オーダーに密かに通報する。

 

 ◆――◆――◆ 

 

その頃、苦悩するレンは旗艦にある自室に戻り、約30年前、ルークによって火葬された自身の祖父であるダース・ベイダーのマスクの前にひざまずきながら、光の誘惑を感じた旨を吐露する。

 

 ◆――◆――◆ 

 

ソロはBB-8をレジスタンスへ届けるようマズに頼むが、マズはソロ自身が行うべきだと助力を拒否する。

フィンはマズに、未だに逃亡者の目をしていて戦う事に迷いが残っているように見えると言われ、憤りを覚える。

そこでフィンは、生まれた時から人を兵士として育てられてきたんだと口にしてしまい、自分が元ストームトルーパーの脱走兵で、レイに嘘をついていた事を明かす。

そしてフィンは自分も本当にレジスタンスに加わりたいという旨を告げ、嘘をついていた引け目から居心地が悪くなり、外の空気を吸いに席を立つ。

 

 ◆――◆――◆

 

酒場に残されたレイは、突如聞こえた不思議な声(過去の自身の泣き声)を追いかけてBB-8と地下の貯蔵室へ入ると、アナキン・スカイウォーカーと彼の息子ルークが使っていたライトセーバーを見付ける。

レイがそのライトセーバーを手に触れた瞬間、フォースと干渉し強烈なヴィジョンを見る。

その時レイは、惑星ベスピンのクラウド・シティにあるルークとベイダーがライトセーバーで闘った一室に繋がる細い通路、うつむくルークがR2-D2の頭を右腕の義手で撫でる姿、レンと彼が率いるレン騎士団による襲撃、そして最後に、レイが力を使ったがために母親を失った過去のヴィジョンを垣間見る。

マズからライトセーバーを手にする運命であることを告げられたレイは、自分の力とジェダイへの知識欲が溢れるが、同時に嫌な感情(暗黒面の誘惑)も感じ、自分の道に迷いを持つ。葛藤の末、フォースのせいで悲劇を生んだ過去を思い出し、やはり自分はライトセーバーには触れるべきではない・そんな権利はないと告げ、森の中へと逃げ込む。

 

 ◆――◆――◆  

 

ファースト・オーダーの本拠地があるスターキラー基地では、スノークが配下のハックスに、かつて帝国軍が使用していたデス・スターをも超える超兵器の使用を許可した。

ハックスは大勢の兵士たちを前に演説を行い、新共和国がレジスタンスを影で支援していると糾弾し、兵士たちの士気を鼓舞すると共に新共和国の終焉を宣言した後、部下に兵器の発射を命じた。

兵器から発射された破壊光線は、一撃で新共和国の首都惑星ホズニアン・プライムとその星系内の他の星を破壊する。

 

 ◆――◆――◆

 

同時にファースト・オーダーは地図の断片を手に入れるべく、惑星タコダナへの攻撃を開始する。

その際、フィンはマズにライトセーバーを手渡され、自分にもこれを使いこなす素質があるのだと言われる。

トルーパー達の攻撃を受け、武器が無いフィンは否応なしにライトセーバーで応戦。やられそうになり、ライトセーバーで元同僚の胸を貫いてしまう。

相手が沈黙するのを見て動揺を隠せないフィン。その隙に後ろから襲われそうになったフィンだが、ソロにブラスターで助けられる。

そしてフィンは『正しい事のためには避けられない戦いや犠牲もある。守りたい信念があるなら、そのために戦うしかない』というソロの言葉を受け、撃たれる覚悟だけでなく、撃つ覚悟を持つ。

しかし戦闘で酒場は廃墟と化し、ソロ、チューバッカ、フィンの3人は奮闘するものの、ファースト・オーダーに包囲され窮地に陥る。

3人の前にファズマが現れ、フィンがファズマに銃たれそうになった瀬戸際、ポー率いるレジスタンスのXウイング部隊が援護に入り、上空からの掃射を受けたファズマ達は一時撤退を余儀なくされる。

一方レイは、ライトセーバーを持って迫るレンに対抗出来ず、自身の力とは比較にならない程に強力なフォースを目の当たりにし、意識を失い、捕らえられてスターキラー基地へ連行される。

 

 ◆――◆――◆ 

 

その後、タコダナにレイア将軍とC-3POが到着してソロやチューバッカと再会し、一行は惑星ディカーにあるレジスタンスの秘密基地に向かう。そこでBB-8はR2を見付けるが、R2はルークの失踪以来、活動を停止していた。

また、フィンは生きていたポーと再開する。

スターキラー基地がディカーを破壊しようとしているとの知らせを受け、レジスタンスは、ファースト・オーダーの内部事情に詳しいフィンの情報を基にスターキラー基地の弱点を破壊するための計画を立てる。ルークの居場所を示す地図の残りの断片をオーダーから盗むため、基地内部に潜入する必要があった。

そしてソロはレイアに息子を生きたまま連れ戻すことを約束する。

 

 

 

ー 結 ー

f:id:karakuri-iori:20180605175141j:plain引用:Star Wars 2560x1080 Wallpaper

一方、スターキラー基地の独房に囚われたレイはレンから尋問されるが、フォースによる人の心を読む力に対し激しく抵抗する。それを見て驚いたレンは、一旦尋問をやめ、最高指導者スノークにレイについて報告をしにいく。

しかし、その隙にレイは自分も心理操作でトルーパーを操り、脱出する。

そしてレイは、強力な力を持つレンに対抗するためには、自身もフォースについて学ぶ必要がある事を理解する。

 

 ◆――◆――◆ 

 

ソロ、チューバッカ、フィンの3人はファルコン号に搭乗してスターキラー基地に潜入。キャプテン・ファズマを捕らえ、基地のシールドを解除させ、地図の断片も入手する。

『FN-2187はいつかこの手で始末する』と告げるファズマをダストシュートに叩き落とした3人は、レイを救出して脱出する。それに合わせ、ポー率いるレジスタンスのXウイング部隊は、基地への攻撃を開始。

しかし、スターキラー基地の上空でレジスタンス軍が苦戦を強いられるのを地上から目撃したソロは、基地の内部に爆薬を仕掛けて支援することを決める。

 

 ◆――◆――◆ 

 

基地の内部にある広大な吹き抜けの空間に架けられた狭い通路をソロが一人で歩いていた時、カイロ・レンと遭遇する。

ソロは彼を出生名のベンと呼び、暗黒面を捨てるように説得する。

迷いを断ち切るためにマスクを外したレンはソロの申し出を断り、油断したソロの腹部をライトセーバーで貫く。

ソロは最期の瞬間に息子の頬をなで、眼下に広がるスターキラー基地のコアへと落下していった。

それを見て激昂したチューバッカは、愛銃のボウキャスターでレンの脇腹を撃ち抜き深手を負わせると共に、基地の内部に設置した爆薬に点火する。

同時に、基地の爆発を視認したレジスタンスは猛攻を仕掛け、スターキラー基地の内部にある弱点を攻撃して破壊に成功する。

 

 ◆――◆――◆ 

 

基地から脱出し、森の中にあるファルコン号へ向かうフィンとレイだったが、重傷を負いながらも2人を追跡するレンが現れる。

レイはソロからもらっていた銀のブラスターピストルで援護し、フィンはライトセーバーで応戦しようとするが、レイが強力なフォースで大木に叩き付けられ、その痛みから動けなくなる。

フィンはマズから渡されていたライトセーバーでレンと戦うも、レンの斬撃で重傷を負ってしまう。

それを見たレイは闘志が燃え、痛みを退ける。

レンは、フィンが戦闘中に取り落したルークのライトセーバーをフォースで引き寄せようとしたが、その直前、立ち上がっていたレイがライトセーバーを引き寄せており、レイの手中に納まる。

フィンが負傷したのを見て迷いを振り切って覚悟を決めたレイは、ライトセーバーでレンに挑む。だが、負傷していてもレンは力と技術でレイを上回っており、猛攻を仕掛けられたレイは窮地に立たされる。

レイは追い詰められるが、レンが発したフォースという言葉をきっかけに、ライトセーバーに見せられた光と闇のヴィジョンを思い出す。そして正義を貫きたいという自分の信念に従ってフォースに導かれるままに戦う。

鍔迫り合いによりレイとレンは互いに僅かな裂傷を受けるが、そこでスターキラー基地の内部にある弱点が破壊された影響で基地が崩壊を始め、ギリギリのところで地面に亀裂が走り、戦いが中断。レイはなんとかレンを退けることに成功する。

 

 ◆――◆――◆ 

 

ハックスはスターキラー基地を事前に脱出しており、スノークはハックスに基地を放棄してレンを自身の下へ連れて脱出するよう指示。レンの修業を終わらせると宣言する。

 

 ◆――◆――◆ 

 

一方、レイとチューバッカは負傷したフィンを連れ、崩壊するスターキラー基地からファルコン号で脱出する。

惑星ディカーにおいてレジスタンスは勝利を祝うが、レイアとチューバッカ、レイはソロを悼む。

BB-8の地図とオーダーから盗んだ地図を結合するも、データが一部破損しており(ファズマの悪あがきにより)残り一部が足りないことが発覚する。そこでR2-D2が目覚め、かつて奪っていた地図の残りの部分を再生し、二つの欠片の穴を埋め、地図が完成してルークの居所が明らかとなる。

レイはフォースをコントロール出来てジェダイの素質がある自分がルークの所へ向いたいと志願し、レイアに了承される。

そしてレイ、R2、チューバッカの2人と1機は地図に従い、ファルコン号で地図に示された遠い惑星へと降り立つ。

そこでレイはローブ姿のルークと出会い、彼へとライトセーバーを差し出すのだった。

 

 

おわりに

はい。こんな形になりました。

自然な形でEP8へ繋げることが目的でしたので、とても大きくあらすじが変化したという部分はありません。

自分がEP7を見て感じた問題点を直し、よりキャラクターを魅力的にすることを目的に細かく変更し、辻褄があうようにしました。

まさか『僕が考えた最強のストーリー』を作るのがこんなに大変だったなんて……。
とても長くなったので、抜けやミスがないといいんだけれど。

 

これで取り敢えずの目標だったEP7改変はやりきったので、次はEP8『最後のジェダイ』の改変に取り組んでいきます。

この記事もEP7を弄っていた期間も長くなってしまいましたが、今後もSW記事は続けていきますので、よろしくお願いしますm(__)m

 

【関連記事】