面白の絡繰

映画・ゲーム記事メインの雑記ブログです。

【フォートナイト】チーミングの対処法!! 通報の仕方・出会った時の立ち回りを解説!!

どうも、絡繰伊織です!!

今日の早朝「眠れないしフォートナイトでもやるか!」とソロをプレイしていたところ、チーミングしているプレイヤー達と遭遇したんです。なんだか最近またチーミングが増えてきているみたいで、結構な頻度で見かけます。

チーミングは絶対に許せないですよね。

なので、丁度良い機会なのでチーミングについての記事を書くことにしました。

今回は不正行為をするプレイヤーの通報の仕方・チーミングに出会った時の立ち回り・対処法 について詳細をまとめます。僕はPS4ですが、これはPS4・PC・Nintendo Switchの全ハードで共通する事なので、ぜひチェックしておいていただきたいです。

 

記事の後半では、僕がチーミングと出会った経緯と面白い結末を臨場感溢れる画像と共に紹介していきますので、よければ最後まで見てくださいね!!

 

 

 

 

チーミングの概要

f:id:karakuri-iori:20180909141728j:plain

チーミングの意味

チーミング……主にソロルールにて、本来なら敵同士のプレイヤー達がチームを組んで協力する行為。3人以上でのチーミングも多く、酷い場合にはデュオやスクワッドにてチーム単位によるチーミングも行われる。

ちなみに僕が出会った最多は、ソロで同じスキンの6人チーミングです。

 

チーミングには以下の2パターンが存在。

①ゲーム内でエモートなどで意思疎通を図り即席でチームを結成
②知人やフレンドと一緒にゲーム外ボイスチャットで連携して行う

パターンでは主に①の場合が多いです。
ソロをやっていると、たまに武器を拾えなかった敵が屈伸やエモートをしてきますよね? あれがチーミングのお誘いです。容赦なく撃ち倒しましょう。

また「今の敵達ってチーミングかな?」と少しでも怪しく思った場合は、リプレイ機能で見返してみましょう。疑わしきは確認です!

 

チーミングの違反性

普通に考えて、全員が敵のバトルロイヤルで2人以上で協力していいわけがないですよね。チーミングは立派なルール違反行為で卑劣な行為です。チームルールで勝利を投げ捨てて味方に迷惑をかけるのと同じ類ですね。

『ゲーム内のシステム上で許される行為はOK』という考え方もあると思います。その考え方自体は一理あるので頭ごなしに否定はできません。どんなに理不尽でマナー違反なプレイやルールの隙をついた行為でも、それが出来る以上は仕方ない部分もあります。ハメ技やTKみたいにね。

しかしフォートナイトにおいては、運営側がチーミングはダメだと名言しています。

 
運営が言っているのだから、これは絶対的なルールです。現在はシステム上できてしまう事ですが、絶対にしてはいけません。(ソロ以外でもダメですよ!)。

チーミングにどう対処すればいいのかは後述。

そんなわけで、チーミングを見つけたら即レポート!
運営がBANや警告の対応をしてくれる事を願いましょう。

次は『レポート=通報のやり方』を紹介します。

 

 

通報の方法

通報には2つの方法が存在します。

①ゲーム内から通報
②公式サイトのフォーラムから通報

それぞれのやり方について、詳しく確認していきます。

※通報にはプレイヤーのIDが必要です。IDを忘れてしまった場合や[配信者]ネームになっていた場合は、リプレイからIDを確認しましょう。

 

①ゲーム内から通報

一番てっとり早い方法です。試合中、ロビーのどちらからでも可能です。

◆先ずメニューを開いて『フィードバック』を選択。

f:id:karakuri-iori:20180909075019j:plain

 

◆フィードバッグ送信画面で『プレイヤー』を選択。

f:id:karakuri-iori:20180909075513j:plain

 

◆『プレイヤー名』と『本文:行為の内容』を入力。

f:id:karakuri-iori:20180909075612j:plain

 

◆『送信!』 誰が素晴らしいって? それはあなたです!

f:id:karakuri-iori:20180909075717j:plain

 

また、ゲーム内でキルされた後の観戦中では、観戦プレイヤーor自分をキルしたプレイヤーを直ぐに通報できます。上手く利用しましょう。

 

②公式サイトのフォーラムから通報

次に公式フォーラムからの通報について。
ゲーム内フィードバックが上手く機能はこちらから通報しましょう。

◆公式サイト『https://epicgames.helpshift.com/a/fortnite/』へアクセス。

◆英語の場合、右上のタブから『日本語』を選択。

◆検索ウィンドウ横の『お問い合わせ』を選択。(スマートフォンの場合はページ下にスクロールすると見つかります)

f:id:karakuri-iori:20180909080914j:plain

 

◆必要事項、プレイヤーIDと行為内容を入力し『送信』。

f:id:karakuri-iori:20180909081103j:plain

以上になります。

しっかり送信できていれば、入力したメールアドレス宛に協力感謝の確認メールが届きます。チーミング以外にも『チート使用』や『バグ技使用』も通報して大丈夫です。

以前は公式サイトからなら証拠画像と一緒に送信できたのですが、現在は仕様が変更されて、できなくなっていました。

 

ゲーム内・公式サイト、一応どちらから通報しても変わらないと思いますが、念のために両方から通報しておくのがいいのかなと思います。

 

 

 チーミングと遭遇した時の対処法・立ち回り

Fortnite Releasing for Android This Summer

試合中に不運にもチーミングと出会った時、見つけた時にどう対処すればいいのかについて。数の暴力でチーミングには対処しようがないと思われがちですが、意識すべき事はあります。立ち回り選択肢をあげておきます。

無視する

真っ先に思いつくのはこれですね。
バレないようにやり過ごし、他の誰かが倒してくれる(チーミング達の数を減らしてくれる)事を願って無視です。

チーミングは許せないので可能なら倒したいところですが、上級者でなければ複数人を相手に正面から戦う事は非常に難しいです。今の環境は特に。少なくとも僕は二人までならまだしも、三人チーミングは無理かな。

ただ、こちらが先に見つけた場合はこれでいいのですが、見つかってしまった場合は戦うしかないですよね。ジャンパや裂け目があれば直ぐに逃げるべきですが、チーミングしている人間は群れて強気なので、多分追ってきます。その場合、他のプレイヤーを探して、その近場へ降りるといいかもしれません。その第三者がチーミングを理解し一緒に倒してくれるor漁夫*1で倒してくれる――かもしれません。

 

戦闘について

どうしても戦闘が避けられない場合も存在します。

戦う場合は『絶対に一人は道連れにする』を意識しましょう。

チーミングは腹が立ちますが、何より許せないのはチーミングが最後の生き残りになる事ですよね。ルール違反者がそのゲームを制するなんて言語道断。だから、他のプレイヤー達がチーミングの犠牲にならないように1人でも数を削って後に託したいところです。

上下から挟まれたら終わりなので、とにかく上を取ることだけを意識し、一人だけでも倒す気持ちで挑みましょう。無理な場合でも、可能な限りダメージを与えるだけで他の犠牲者が出る可能性は減ります。最悪は爆発物で相打ち狙いですね。

また、時間を稼ぐ事で漁夫を呼び寄せるのも大事です。漁夫が来てチーミングを削ってくれれば、自分がやられても最悪の事態は避けられます。漁夫の襲来タイミングによっては自分だけが生存できる事も結構あります。

そしてチーミングするプレイヤーは総じてレベルが低いです。なのでダメ元で戦ったら普通に勝てたという事も多いので、諦めずに立ち向かいましょう。

 

尾行・漁夫を狙う

先にチーミングを発見できた場合の事。

一般的に勝利を狙うなら無視するのが得策ですよね。でも逆の発想だと、終盤になる前にチーミングが崩壊しない限り負けが確定してしまうんですよね。だから可能なら、チーミングが強武器や資材を集め終える前に手を打つべきかもしれません。

その手段が尾行からの漁夫です。チーミング集団のあとをつけ、彼等が敵を発見して交戦したタイミングで、チーミングの一人を絶対倒すマンになって攻撃をしかけましょう。

囮作戦のようだけど、仕方ない。自分が生き残る事が最優先です。 

 

―― 以上。
チーミングの対処法・立ち回りでした。

 

 

 

通報の効果はある? 

チーミングに出会い、通報するのはいいものの、本当に効果があるのか? 通報する意味があるのか? 誰もが気になっている部分だと思います。

僕は以前、6人チーミングと戦い2人まで削ったものの負けてしまって本当に許せない気持ちになった時、運営のEPICに「チーミングはどうしようもないのですか? 通報は本当に効果がありますか?」とメールで問い合わせた事があります。

その時いただいた返事を要約します。

 

Epic Games のチーミングに関する見解

・チーミング行為のプレイヤーは多数報告されていて、Epic Games側でも健全なゲーム環境を作る上で重要な問題だと考え、情報をもとに調査を行っている。
・チーミングに関しては常に注視し、特別チームをもうけて処置している。
・当然ペナルティも課せられているが、処理能力には限度があり、一部のプレイヤーに「チーミングの対処をしていないのではないか」という印象を与えてしまっていることも事実で、申し訳ないと思っている。
・しかし、フォートナイトをより良い環境にしていくために日々尽力している。

 

はい。本当にありがたい回答ですね。

やっぱりチーミングはシステムなどで対策しようもなく、運営側が違反プレイヤーにBANや警告をする事で、抑止力を高めるしかないですもんね。なので僕達としては、今後もチーミングを見つけたらしっかり通報していくのが大事ですね。

そもそもフォートナイトは基本無料だというのに、ここまでしてくれて感謝です。

 

 

実際にチーミングと出会った顛末

では、今朝のチーミングとの出会いについて語ります。

 

最初に《リテイル・ロー》に降りた僕は、ライバル達を倒したもののストーム付近で新手に絡まれ、ダメージを受けながらも生き残り、回復を探して西走していました。

そして、事の発端は《シフティ・シャフト》と《グリーシー・グローブ》の間にある丘での事。

突如として背中に銃弾を受け、戦闘が開始。

f:id:karakuri-iori:20180909134249j:plain

したのですが、先手を受けてダメージ大・回復が無い・相手がロケラン持ち・丘の上 という事情から、グリーシーグローブまでいって体勢を立て直すため、一時撤退を判断

f:id:karakuri-iori:20180909134818j:plain

バウンサーで丘下まで降り、ポツンと立つ民家に隠れて相手の様子を伺いました。すると予想通り相手は僕を見失い、キョロキョロ周りを見渡していました。

f:id:karakuri-iori:20180909135327j:plain

しかし、安心したところで新たな銃声が。
別の窓から確認すると、さっきの崖と向かい合う崖に別の敵の姿を発見。

f:id:karakuri-iori:20180909140155j:plain

ここで黄敵と赤敵が交戦を始めたので、自分が少し動いてもバレないと判断し、屋根裏を漁って見つけたポーションをガブ飲み。

漁夫を狙うか、逃げるか。どうしようかと考えていたところで――

「ッ……!!」

強い違和感を覚えました。その正体は銃声です。二人が奏でていた銃声の旋律に混じった微かな雑音。それを僕の耳は聞き逃しませんでした。

そして直ぐに窓に戻り崖を眺めたところ……

f:id:karakuri-iori:20180909141610j:plain

ヒャーーーーwwwww
やっぱりチーミングやん!!

流石はKraken。微かな違和感を聞き逃さないRAZERの力は偉大。こういう事があるからヘッドホンはちゃんとした物を使ったほうがいいですね。

※唐突な過去記事宣伝!※

 

というわけで、チーミングを発見しました。
リプレイで確認しましたが、勘違いではなく確定です。

f:id:karakuri-iori:20180909141728j:plain

チーミングのリプレイあるあるの二人で並走の様子。

この二人、隠す気なんてさらさらなく黄を連続波状攻撃です。
一人はスカー、一人はグレポンに切り替えての連携攻撃。恐らくフレンド同士だったんでしょうね………。大人しくデュオに行けばいいものを。

f:id:karakuri-iori:20180909141939j:plain

この時、僕はどうしようか非常に悩みました。

チーミングの1人が僕に身体を晒していたので撃つ事はできたのですが、距離が開いていたので、中途半端にダメージを与えても位置バレするだけだと考えたんですね。

すると、どうしようかと考えている間に黄敵が葬られていまいました。流石にスカーとグレポンには耐えられないですよね……可哀想に。

で、僕は漁夫のタイミングを失い「しまった」と思っていたのですが……。

そこで彼らはあの行動にでました。

f:id:karakuri-iori:20180909143048j:plain
!!?

「こ、これは………まさか……………」

f:id:karakuri-iori:20180909143154j:plain

f:id:karakuri-iori:20180909143411j:plain

f:id:karakuri-iori:20180909143425j:plain

f:id:karakuri-iori:20180909143434j:plain

ヒャーーーwwwwwwwwww
おっでれぇたぁ~w おめぇらラマなんか?w

流石に脳汁が止まらず、ラマベルが響き渡りました。

f:id:karakuri-iori:20180909144221j:plain

f:id:karakuri-iori:20180909144322j:plain「悪いねぇ(笑)」

チーミングの彼等は、今回の件でバトルロイヤルの大事な教訓を学んだことでしょう。
『常に自分は狙われていると思え』これ大事。

「今度はいいヤツに生まれ変われよ……一対一で勝負してえ……。待ってるからな……オラももっともっとウデをあげて………。またな!」

 

――ということで、仲良しチーミングは報いを受けました。

彼等を倒したことで試合の流れが完全に変わり、怖いくらいに僕の追い風になりました。3人分の資材と武器が集まり、目の前には救援物資が落ちてきて、体力は全快し武器は最強、適当に建てた簡易櫓の場所が最終安置まで残り。そして―― 

f:id:karakuri-iori:20180909145702j:plain

こんなに清々しいビクロイは久しぶりでした。
やっぱり最後は正義が勝つ!!

チーミング、ダメ絶対!!

 

 

まとめ

  • チーミングはNG行為
  • 見つけたら即通報(ゲーム内or公式サイト)
  • 今は通報し続ける事に意味がある
  • 戦闘になったら、チーミングを勝たせない事を意識
  • ヘッドホン大事
  • 正義は勝つ!

以上です!

チーミングはいずれ制裁を受けるだろうし、同じ土俵で戦って勝った方が気持ち良いですよね。普通にソロをやってほしいものです。

今回の僕は非常に運が良かったです。
力が欲しい……チーミングを倒せるだけの力が……。

ということで、チーミングに負けないくらい上手くなれるよう頑張りましょう!

 

【関連記事】

 

*1:漁夫の利……二者が戦っている時・戦い終わった時に上手く攻撃を仕掛け、美味しいところを持っていく事。