面白の絡繰

映画・ゲーム記事メインの雑記ブログです。

【ギアスファン必見!?】『コードギアス 復活のルルーシュ』ムビチケ特典の感想・考察。ミニストーリー小冊子から得られた新事実は……!!

どうも、絡繰です!

ついに『コードギアス 復活のルルーシュ』の公開日が迫ってきましたね!

f:id:karakuri-iori:20190204175743j:plain
引用:http://www.geass.jp/R-geass/

ポスターを見るたびにテンションが上がりますね!

 

そして先日、ようやく僕もムビチケを購入しました!

初日に見ることが確定していながらも、だからこそ今度でいいやと先延ばしにしてしまっていました(笑)

でも前売り券特典は冊子もDVDも無事に両方ゲットできたので問題なし!

 

――そんなわけで、今回はムビチケ特典にあった小冊子中身のまとめと考察、そして復活のルルに期待する事などを書いていきます!
DVDに関しては次の記事で書く予定。

 

 

【合わせて読んでほしい!】

 

 

 

 

 

作品概要

先ず、あらためて『復活のルルーシュ』のあらすじと予告を見なおしておきましょう。

 

あらすじ

光和2年。

世界は再編成された超合集国を中心にまとまり、平和な日々を謳歌していた。

しかし、平和は突如として終わりを告げる。仮面の男・ゼロとして、ナナリーの難民キャンプ慰問に同行したスザクが謎のナイトメアフレームに敗れ、2人は連れ去られてしまった。

シュナイゼルの密命を受け、戦士の国・ジルクスタン王国に潜入したカレン、ロイド、咲世子はそこで、謎のギアスユーザーに襲われる。

そして、その場には襲撃者に“元嚮主様”と呼ばれる、C.C.が居た。

かつて神聖ブリタニア帝国の大軍すらも打ち破った無敵の王国を舞台に、人々が描く願いは、希望か絶望か。

果たして、ギアスのことを知るジルクスタン王宮の面々と、C.C.の思惑とは——。

引用:http://www.geass.jp/R-geass/

 

予告


2019年2月9日公開『コードギアス 復活のルルーシュ』劇場予告編 第2弾(90秒)

 

うーむ、情報量が多いですね……。

 

 

 

特典『ミニストーリー小冊子』の感想・考察

f:id:karakuri-iori:20190204180239p:plain
引用:http://www.geass.jp/R-geass/

では先ず、特典第一弾の『コードギアス 反逆のルルーシュ ミニストーリー冊子』という小冊子についての感想と考察を。

 

内容

こちらの内容としては、作中では描かれなかったルルーシュ・スザク・C.C.(シーツー) の3人の会話で構成されている短編小説です。

以下の3つのパートに別れていました。

①Cの世界から帰還した後、戦争の影響がない緩衝地帯バグダードにて。
 身を顰める3人が、カフェで今後の展望について語る会話。

②ゼロレクイエムの前日、玉座の間にて。
 ルルとスザクが覚悟を確かめ合った後、昔のように軽口を叩いて和む会話。

③ゼロレクイエムの前日、(恐らく)皇居の廊下にて。
 ルルとC.C.が互いの未来について願い合う会話。

 

感想

中身だけ見れば、『復活のルルーシュ』を見るに当たって絶対に読んでおかなければいけない物というわけではありませんでした。大きな新情報は無く、あくまで『反逆のルルーシュ』のファンならば喜ぶ一作という感じです。

しかしながら、本当に凄く良く出来た小説で、全体から漂う雰囲気がまさにギアス終盤のそれでした。3人の決意や哀愁がひしひしと感じられます。

頭の中に自然とBGM『Madder Sky』が流れてきて、ウルっときましたね。

コードギアス 反逆のルルーシュR2 O.S.T.

コードギアス 反逆のルルーシュR2 O.S.T.

  • アーティスト: TVサントラ,Hitomi,ALI PROJECT,黒石ひとみ,宝野アリカ,中川幸太郎,片倉三起也
  • 出版社/メーカー: JVCエンタテインメント
  • 発売日: 2008/08/27
  • メディア: CD
  • 購入: 3人 クリック: 26回
  • この商品を含むブログ (26件) を見る
 

 

気になった点

※以下、内容がコアになります。ゼロレクイエムやコードなどについては、こちらのブログに詳しく記載されていますので、読んでみると面白いかもしれません。→http://dokanblog.blog107.fc2.com/blog-entry-385.html

 

この小冊子、確かに作品の予想に直接繫がるような大きな発見はないのですが、一つだけとても気になる点がありました。

それは、③のゼロレクイエム遂行直前のルルーシュとC.C.の会話内容です。

 

と言うのも、この特典小説を読む限りでは、V.V.のコードを引き継いだ事をルルーシュは認識していないようなんですね。

③はC.C.の一人称視点の文章なのですが、これによるとルルはC.C.が死ねない人生が続くことを申し枠なく思っていて、今後の彼女の事を気にかけています。

そしてC.C.だけが「もしかしたらルルーシュはコードを引き継いでいて、生き返るかもしれない」という淡い期待を抱いている状態。

ルルに「これからどうするんだ?」と聞かれたC.C.は「祈りでも捧げるよ」と言い、『ルルーシュが死なないでほしい』という願い(ギアス)にかかってほしいと心の中で祈っていました。

そこが僕的には凄く意外でした。

 

僕が思っていたゼロレクイエムなど

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 5.1ch Blu-ray BOX (特装限定版)

僕は今まで、『ルルとC.C.だけは、ルルが皇帝からV.V.コードを奪取した事実を認識していて、ゼロレクイエム後にルルが蘇生できると理解している』のだと思っていました。

作中のキャラ事情としては以下のような感じかと。

  • スザクには言わないのでスザクは知らないまま。
  • 遺体・蘇生後の処置をするため及び忠義を尽くしてくれた礼として、唯一ジェレミアにのみはコードによる蘇生を伝えていて(或いはジェレミア自身が熟知して認識していた)、そんなジェレミアも口外はせずに心の中で二人の幸せを願い続ける。
  • そしてルルとC.C.は共に不死身になり、孤独にならず笑顔で生きていく。

――という感じですね。

第二の線として、C.C.からコードを継承するものの、C.C.は死ぬことなくルルーシュと共に終わりある人生を生きはじめたというパターンもありますね。

でも、両者を比べると演出や物語的に前者の方が綺麗なので、前者のパターンだと勝手に思い込む事にしていたんです。

 

そして、そのEDだからこそ以下が活きたと思うんです。

  • 教会で祈るC.C.が「ルルーシュお前は人々にギアスをかけた代償として…」と、罪を贖うために不老不死になる彼に涙するシーン。
  • 馬車の荷台に乗るC.C.が「王の力は人を孤独にする……少しだけ違っていたか? なあ、ルルーシュ?」と、御者であろうルルに笑顔で問いかけるシーン。
  • 最初の契約とは違うものの、C.C.を孤独ではなくし、笑顔を与えた。
    「私に笑顔をくれるんだろ?」→「あぁ、約束しよう」を達成

などなど。

 

という風に僕は思っていたんですね。

つまり、僕はルルーシュがV.V.コードしっかり(=認識)派だったんです。
それが美しくて丸くて後味がいいんだもん。

 

でも、真実は違ったようです。
或いは『復活のルルーシュ』のために真実を変えたようです。

 

 

 

うっかりルルは良い? 悪い?

恐らく大河内さんや谷口監督は『反逆』の時点から今後『復活』などを作る事を予感していて、だからこそ敢えて選択肢がとても多くてファンの解釈次第になるEDにしたのでしょう。そして実際にこうして『復活』に繋げられています。

ただ、このように一度綺麗に完結した物語を、今回のうっかりコード継承ルルのような地味に意外な新事実と共に繋げるのは良いのか、悪いのか。

僕個人としては、続編は嬉しいものの、うっかりルルでは意味が通りにくい部分もあったりで、ちょっぴり微妙な気持ちです。それでは策略家のルルらしくないというか。

でも、人それぞれ意見はあると思いますが、やっぱり最終的には全て『復活』の出来栄え次第ですよね!

『反逆』並みに面白い傑作ならば「やっぱり続けてくれてありがとう!」になるし、残念な結果になってしまったら「最高の思い出だったのに……」となってしまいます。

しかし今作は大河内さんと谷口さんが作ってくれているので、安心ですね!
アキトの絶望再びには絶対にならないはず!

 

 

 

本当にルルーシュは生き返っている?

コードギアス 反逆のルルーシュ キセキのアニバーサリー [Blu-ray]

長々とコードや継承などを前提とした文章を書きましたが、「そもそも本当にルルーシュは生き返っているの?」と思う方もいると思います。

僕は昔から考察や妄想が好きで、ずっとルルーシュがV.V.コードをしっかり継承認識している説で考えていました。遥か昔にルルーシュが生きているかどうかについてレスバをして負けた思い出があります。あの時の相手ともう一度レスバしたいです。

そんなわけなので『復活のルルーシュ』というワードを初めてイベントで見た時に全く違和感はありませんでした。

でも、別に考察などをすることなく見てきた方々としては、単純にルルーシュが死亡して綺麗な終わりを迎えたという認識だと思います。むしろ、そっちで理解している方達が大半かもしれません。

僕達みたいに真実とか裏設定とかを妄想してるのは痛い人達ですからね。

でも、これだけは言えます。

ルルーシュはコード関連の事情で本当に生き返っています。絶対に復活のルルーシュに本人が出てきます。

 

これを言える根拠は、2年程前に行われたギアス10周年イベント『キセキのアニバーサリー』での谷口監督の発言内容です。

コードギアス 反逆のルルーシュ キセキのアニバーサリー [Blu-ray]

コードギアス 反逆のルルーシュ キセキのアニバーサリー [Blu-ray]

 

 このイベントで『復活のルルーシュ』が発表された際、谷口監督と大河内さんのどちらかが、「変な誤魔化しやトリックはなしで、生きたルルーシュ本人を出します」と確かに明言していました。誰かに突っ込まれてからの発言だったかな?

ともかく、これをとても強調して言っていた事、それで「おお!」となったことをを強く記憶しています。

ただ、イベントのBD・DVD版はちょくちょくカットされていて、この発言も消されていたような気がするんですよね。(見なおさないと)

でも、これは間違いありません。
絶対にこの旨のルルーシュ本人登場の約束をしていました。 

かつ、特典DVDでも櫻井さんが「ルルーシュは出る」と発言していました。

 

だから、ルルーシュはやっぱりコードを継承して生き返っていたんです!
今回は痛い妄想が現実になったパターンでした。

ルルが生きていた。これが本当に嬉しいです。
ずっとずっと『ルルは生きている』『死んで欲しくない』と思っていたので、やっぱりどんな形であろうと、また彼の姿が見られるのが幸せで仕方ない。

 

これでしっかりと本人が活躍しなかったら流石に皆怒ると思います(笑)

 

 

まとめ

  • ミニストーリー小冊子は3パート構成。
  • ルルとC.C.の会話で、うっかり継承ルルが明らかに。
  • 良いか悪いかは『復活のルルーシュ』の出来栄え次第。
  • ルルーシュ本人が絶対に登場するでしょう!

以上!!

 

次は特典DVDや予告編の内容考察・感想の記事を書けたらなと思っています。

ただ、ギアスは超展開の連続なので『復活のルル』の内容予想なんてしようがないですよね(笑)

時間があれば書きます! というわけで、また次回!

 

【こちらの記事もどうぞ!】

 

コードギアス 反逆のルルーシュIII 皇道 (特装限定版) [Blu-ray]

コードギアス 反逆のルルーシュIII 皇道 (特装限定版) [Blu-ray]

 
コードギアス 亡国のアキト Blu-ray BOX (特装限定版)

コードギアス 亡国のアキト Blu-ray BOX (特装限定版)

 
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 5.1ch Blu-ray BOX (特装限定版)

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 5.1ch Blu-ray BOX (特装限定版)