面白の絡繰

映画・ゲーム記事メインの雑記ブログです。

TOHOシネマズの映画鑑賞料金1900円への感想。本当に悪いのは映画館じゃない……!?

どうも、絡繰です。

TOHOシネマズでの一般映画鑑賞料金1800円→1900円に値上げというニュースがありました。驚きましたね。これ以上高くするのか……と誰もが思ったはず。

というわけで映画鑑賞料金について僕が思う事(愚痴)をつらつら書きます。

よく映画館を利用する人は、この記事を読んで欲しい。

  

 

 

 

TOHOシネマズ値上げについて

f:id:karakuri-iori:20190319061048j:plain

6月1日からTOHOシネマズ全国66拠点で鑑賞料金が値上げされるそうです。

  • 一般鑑賞 1800円→1900円
  • 1100円の日(シニア、ファースト、レディース、シネマズデイ)→ 1200円
  • 夫婦50割 2200円→2400円

になるようです。ソースはこちら

TOHOシネマズが3月18日、映画鑑賞料金の値上げを発表した。

アルバイト人件費などの運営コストの増加を理由に、6月1日から料金を改定。TOHOシネマズ名の全国66拠点で、現在1800円の一般鑑賞料が1900円、1100円のファーストデイやレディースデイは1200円に変更される。

 

TOHOシネマズは、以下のコメントを発表。「弊社では、デジタル映写機や自動券売機等の導入による運営の効率化を図るとともに、映画をより多くのお客様にお届けし楽しんでいただくために新規出店や鑑賞環境の改善などに努めて参りました。しかしながら、アルバイト人件費を中心とした運営コストの上昇や各種設備投資への負担増により、企業努力だけではこれらの吸収は極めて困難であると判断し、鑑賞料金を改定させていただきます。今後も更なる企業努力により、お客様にご満足いただけるようサービスの向上に努めて参りますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」。

 

改定後は、現在1800円の一般鑑賞料金が1900円に。1100円のシニア、ファーストデイ、レディースデイ、TOHOシネマズデイは1200円、2200円の夫婦50割引(2人で)は2400円となる。大学・高校・中学・小学生、幼児、レイトショーの料金改定はなく、12月1日の「映画の日」は現行料金の1000円で実施される。

 

なるほどね。

単刀直入に言うけどさ、高過ぎない?

アホじゃないの本当に。正直、今の1800円ですらバカみたいに高いじゃないですか。なのに値上げは流石に勘弁してほしい。たかが100円、されど100円ですよ。

 

人件費について

内容を見ると、アルバイト人件費かかってつらたん~みたいな言い訳があります。

これは納得できる理由です。と言うのも、映画館は主にコンセ(飲食物の販売所)を回すためにアルバイトが多めに必要なんですよ。

僕は以前、映画館でアルバイトしてた経験があるのですが、ピーク時のコンセは行列ができてヤバイ事になるのでスタッフ数を多めに確保するしかないんですよ。

土日の新作公開日なんて酷いもんです。レジ台数とサポートを最大数まで用意して、それでも毎度の様に捌ききれないし、それで苛々した客にキツくあたられてこっちが苛々するし、マネージャーがクレーム入れられて可哀想……みたいなね。

でも、利用客にとっちゃ「そんなん知らんよ」って感じでしょ。そこをなんとか創意工夫で乗り越えてくれよって感じ。

だから軽々しく値上げで解決しないでくれTOHOシネマズ!!

この点については更に後述します。

 

 

 

「どうせ見るっしょ」感

値上げと言っても100円です。一回の観賞では、そんなに負担は変わりません。だって今の1800ですら高過ぎるもん。1900になってもそんなに変わらない感はある。

でも、なんていうか「1800でも見る奴等なら1900でも見るっしょ」みたいなさ、そういう見下しを感じますよね。それが腹立つよね。

実際それは正しいんですよ。

今の1800円という狂った料金でも映画館に観に行っちゃう僕等みたいな奴隷は、1900円になったところで「高過ぎだよな~」「値上げ腹立つわ~」みたいな愚痴を友人と交わしながらも結局は映画館に行くんですよ。

そんで、こういう層は毎月の様に映画館で何作品も見るんですよね。最新作は初日に見ることに拘って、好きな作品は何回も見に行って、吹替えと字幕の両方を劇場で見て――。

だから、たかが100円でも塵も積もって莫大な料金になる。それを狙っているんだろうけれど、だからこそ贔屓にしてくれている客の負担をでかくするのは残念。

 

 

 

映画鑑賞料金について思う事

f:id:karakuri-iori:20190319061417j:plain

 

値上げするならTOHOシネマズに行かなきゃいい。

これで解決なんですけど、自宅の近くにTOHOシネマズしかない方は行かざるを得ないのも事実。それに、この値上げは恐らくTOHOだけじゃないですよね。そのうち全劇場が1900円になりますよ。TOHOはあくまで始まりに過ぎない。

 

そして、1800円でも高い。高過ぎる。

今は感覚が麻痺していますが……冷静に考えたら1800っておかしいでしょ。どうなってんだよ、日本の映画料金は。配給だかどこが悪いんだか知らないけどさ、狂ってるでしょ。他国と比べて異常ですよ。

この値上げは今まで映画館にこなかった層がより来なくなるだけですよね。今ですら映画館は一部の物好きのための施設になってるんだから、値下げではなく値上げをするなんて、もう映画ライトユーザーが誰も来なくなりますよ。重要なのは100円が安いか高いかではなく、値上げしたという事実ですからね。僕等みたいな、映画大好き絶対スクリーンで見るマン達以外は「TSUTAYAで借りよ」ってなるだけ。

映画館は利益の大半をコンセで稼いでいます。ポップコーンとかの。なので、そっちの利益率や回転率を上げる方向に行ってほしかった。

 

あと、映画館定額見放題サービスを作ってほしい。

同じ作品の来場特典は初回までで、同じ作品は●回まで、月に●回までみたいな制約あってもいいからさ。行くたびにポップコーンとドリンク買ってあげるからさ。

 

ついでに言いたいのがメンズデーの存在する劇場が少ないのも割りと謎。

以前どこかの劇場で「メンズデーは利用者が少ないから消す」みたいな理由でメンズデー削除されたの見たけど、消す意味になってなくない?

レディースデーはあるのにメンズデーはないってナチュラルに酷ない?(笑)

子供達や学生を安くするのは納得できる。でも映画を見るという行為にあたって、女性と男性では何も変わらないよ。女性は値引きに弱くて来場しやすいとか、平日の主婦達が狙いとか、そういう意図があるのは理解できるけどさ、同じ日に同じ映画を見たい同じ年齢の男ってだけで倍近い値段払うのは可哀想でしょ。それに、今は女性の方が映画館来てるらしいし。

平日に来る男性客が少ないから、利用客が少ないから、そんなの理由になってないと思う。メンズデーが存在するだけで納得できるんだよ。だから色々な劇場で復活させてくれ!

 

 

 

本当に悪いのは映画館ではなく客!?

 

f:id:karakuri-iori:20190319062149p:plain

「人件費がかかる? ならバイト減らせ!! そういう工夫をしろ!!」

――と言いたくなるのは分かります。実際僕もそう思ってます。
でも、これは映画館だけの問題じゃないのも確かなんですよね。

何が言いたいかと言うと、僕ら客にも問題があるという事。

詳しく書いていきますね。

 

バイトの人数が必要な理由

上で書いたように、映画館でバイトの人件費がかかる(人数が必要になる)理由は主にコンセです。ポップコーンやドリンクなどを購入する場所ですね。

そこらへんの飲食店と違って、映画館には『上映時間』というタイムリミットがあります。お客さんが上映時間に遅れてしまわないように、急いで商品を提供しなければなりません。だから急いでレジを打って商品を用意して、回さなくちゃなりません。

そのために、新作や土日などの混雑が予想される時間は、バイトの人数を可能な限り増やしておかなくちゃいけないんです。

それでも超行列ができて間に合わないんですけどね。「もっと人数くれ~」「レジ増やして~」と毎度のように苦しんでいたのを覚えています。

 

客の問題点とは?

何故、多くのバイトを用意していながら行列が出来て捌ききれないのか。

それは客の方に問題があるからです。
超絶ぶっちゃけて言うと、おバカな客(気の利かない客)が多過ぎるせい。

混雑の原因となるような客が多いせいで人数を増やさざるを得ない。
そして増やしても行列が捌けなくなる。

例えば――誰がどう見ても映画館内に人が多いのに、早めに売店を利用してとアナウンスをしているにも関わらず、入場開始した後じゃないと絶対に売店並ばないマン(これがマジで多い)とか、レジへ到達後にメニュー表見て注文考え始めるマンとか、カルトン(お金受け皿)無視して小銭ばら撒くマンとか、後ろに人が居るのに超トロトロ撤退マンとか、サイズの概念理解できないマン――とか。

そりゃ何人スタッフがいても混むよ。あとは、映画館的には嬉しいけど客とスタッフ的には嬉しくない、調理時間かかるもの大量注文マンとかね。

――と、そういう客達のせいで絶対に混雑するから、人数を増やすして対応するしかない(それでもあんま意味ない)んですよね。

 

「混むから早く来といて!」って場内でくどくアナウンスしても殆ど来ないからね。そんで「早くしろよ!」と逆ギレされてスタッフは「^^;ピキピキ」ですよ。

アホな人には何を言っても意味がないんだよね

その件はこちらの記事でも証明してます。

 

だから、映画館側はもうどうしようもないんですよ。そもそも混むのが客のせいだって事実を理解できてないし。理解できても「売店ご利用時はマナーと常識を守ってください」なんて言えませんからね。

正直、まともな客しかいなかったらスタッフ半数でも余裕なんじゃないかな。 
普通の量のドリンクとポップコーン程度なら秒速で用意できるもん。大量注文ニキは知らん!

 

映画館スタッフ無能説

某掲示板だと「映画館のバイトは賃金低いからやる気なくてトロイ」「無能が多い」とか散々な事を言われていましたが、逆なんでです。映画館のスタッフ達は真面目にテキパキやってますが、変な客のせいで混雑が避けられないんです。

そりゃ「所詮バイトだし」みたいな気持ちのクソみたいな奴も中にはいますけれどね。滅多にいませんよ。

 

 

 

何が言いたいか・解決案

まとめると、バイト人件費はコンセのせいで、コンセに人数必要なのは変な客のせいって事ですね。

それで、ふと思いついたんですが、チケットだけでなく食券制度にするのってどうなんですかね?

既にチケット購入する無人券売機があるので、そこで購入可能にして、かつ食券だけ購入できる無人券売機も用意するとか。それだけでかなり混雑が緩和されると思うんですよね。上に書いたような『~マン』達を大抵一掃できるし、ヒューマンエラーも無くなるし、映画館に来ている客は映画を見たいだけなので接客とかどうでもいいし。

食券のデメリットが特にないと思うんですが、どうなんでしょう。実際のところ、経営のプロとかからしたら導入があり得ない理由とかもあるのかな。

 

 

まとめ

  • TOHOシネマズの一般鑑賞料金が1900円に値上げ
  • 1900円は高杉! てか1800円でも高杉
  • 「1900円でも見るっしょ」感が図星だから腹立つ!
  • TOHOは始まりに過ぎない……
  • 映画館定額見放題サービスを作ってほしい!
  • 人件費はコンセのせい!
  • コンセに人が必要になるのは客のせい!
  • 食券制度って駄目なん?

以上!!

映画館スタッフ時の愚痴を書いただけの記事になってしまった()
けど言ってる事は間違ってないはず!

どちらにしろ1900円は高過ぎるからなんとかしてくれ~!!

 

【関連記事】

 

 

 

シュガー・ラッシュ:オンライン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

シュガー・ラッシュ:オンライン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 
プーと大人になった僕 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

プーと大人になった僕 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]