面白の絡繰

映画・ゲーム記事メインの雑記ブログです。

【APEX】アリーナのマッチング仕様について考察【100連勝】

どうも絡繰です。

今月初めに『APEX LEGENDS』のシーズン9(シーズンレガシー)が開始し、新プレマッチモード『アリーナ』が追加されました。バトロワと異なり運要素が少なく純粋な戦闘力が求められる、3vs3のガチバトルです。

そこで今回は、このアリーナのマッチングシステムについて考察と言うか、自分の経験からの想像を書き連ねていきます。

f:id:karakuri-iori:20210528224100p:plain

順を追って説明していくので長くなります。

僕だけの経験論なので正しいかは分かりませんが、一応は論理的なはずです。

あと役に立つか分かりませんが、後半には自分のキャラピックや立ち回り方も書きます。

APEXやアリーナのマッチングに興味がある方やアリーナで連勝を狙いたいという方は読んでみてください。役に立つかもしれません。

 

 

 

連勝判定について

アリーナにおける連勝について確認します。

『アリーナ連勝記録』バッジ

アリーナの追加に伴い、幾つかのアリーナ専用バッジも追加されました。

その中には『アリーナ連勝記録』という最大連勝数を表示するバッジが存在しています。これは全プレイヤーに配布されているバッジです。

f:id:karakuri-iori:20210529112943j:plain

APEXにおいてバッジはモチベになりますね。皆バッジ大好き。この連勝バッジはハンマーみたいなもので、アリーナで勝利を求める原動力になっています。

『驚嘆』バッジ

f:id:karakuri-iori:20210529114347p:plain

また、前シーズン8のチャレンジを達成していたプレイヤーは『驚嘆』というアッシュ(タイタンフォールのボスキャラ)の顔が描かれたバッジを入手できたのですが、シーズン9開始時に『驚嘆』は特別仕様の『連勝記録』バッジへと変化していました。(ちなみに英語だと『Impress Me』というバッジ名)

しかし、その『驚嘆』バッジ所有者が100連勝を達成すると、連勝数を表示するバッジから元の顔が描かれたバッジに戻るという仕様でもあったのです。

f:id:karakuri-iori:20210528224323j:plain

これです。はい、僕も100連勝できました

信じられませんよね。自分自身が一番驚いてます。きっとこれを読んでる方も「こいつ何か良からぬ事をしたな」と邪推してしまうはず。無理もありません。僕も他人が持ってるのを見たらにわかには信じられずに疑念を抱きます。

だからこそ、この記事を書こうと思いました。
最後まで読んでいただければ、100連勝できた理由も一応納得できるかと思います。

 

 

 

途中抜けでの連勝リセット

f:id:karakuri-iori:20210528224733j:plain

と言うのも、この『驚嘆・連勝』バッジに記録される連勝判定は試合から「途中抜け」をすればリセットされない(?)んですよね。

なので何十連勝と重ねている人の多くは、負けそうになったら即途中抜けをすることで連勝数を維持しているはずなんです。

このせいでアリーナは途中抜けが横行しています

途中抜けは海外でも問題視され、罰則を適用するべきだという意見が出て、遂にペナルティがつきましたね。

カジュアルなのに途中抜け出来ないのは流石にやり過ぎな気もしますが。

元COD民からしたら途中抜けとか日常だし、敵がスコストぶんぶん丸で気がついたら味方が全員別人に入れ替わってたとかザラなんでね。

――というわけなんですが。

この途中抜けでリセットされないという知識、間違ってます。
多分リセットされます。と言うか、実際にされました。

僕は最初2パで遊んでいて10連勝していたんですが、その次の試合で1ラウンド目取られたら野良が抜けたので僕達も抜けたんです。そしたら、そこで連勝が途絶えました。試合数やデス数も普通に加算されていました。

次の試合に勝っても10連勝から動かなかったです。

なので、途中抜けすると連勝判定は途絶えるんですよね。

でもネット上だと途中抜けで連勝を維持できると皆言ってるので、時と場合によるのかも。そのうち誰かが検証して真実を明らかにしてくれると思います。

令和コソコソ噂話

f:id:karakuri-iori:20210529115502j:plain

あるマッチングで敵に来たオクタンさん。強そうなバッジを付けていて連勝もしていたので、警戒していたんです。こりゃ気合い入れないとって。でも戦ったら余り強くなくて、こちらが2ラウンド取得したんです。そして3ラウンド目、他の二人を倒して詰めたら、ジャンパを出して飛んで逃げたんです。そしたら次の瞬間、ゲームが終了しました。味方は誰もキルしていません。そう、彼はジャンプで遠くへ逃げつつ部屋から消え去っていたのです。匠の早業で草でした。

――て事もあったので、抜けても連勝を維持はできるはずですね。

 

というわけで前置き終了

どうやって100連勝したのか、何故そんなに連勝できたのか、マッチングはどうなっているのか――本題に入ります。

 

 

連勝の方法

f:id:karakuri-iori:20210529135637p:plain

フルパを組む。

これだけでした。1日20~40連勝を数日間やって100連勝できました。

はっきり言って野良で100連勝は無理です。上手いとかいう次元じゃないですね。やったと名言できる人がいたら、余裕でプロになれるかチートか途中抜けです。そう断言できる理由も結論まで読んでいただければ納得できるかと思います。

僕もフレもそこら辺にいる普通のFPS経験者です。ガチ猛者ではありません。そこそこの連中が集まるだけで勝てるからフルパは強いです。

フルパを組むのは、途中抜けや放置をするような地雷味方を引かず、絶対にまともな味方と連携できるという利点があります。バトロワでも同じですね。

ただ、ことアリーナに関してはそれとは全く別の意義があると思うんです。

 

 

 

APEXのマッチングシステム

f:id:karakuri-iori:20210529140220p:plain

先ずAPEXの基本的な内部レートの仕様について触れます。

カジュアルはSBM

APEXのバトロワカジュアルではSBM(スキルベースマッチング)機能が働いています。

  • SBMとは:マッチング時にプレイヤーの内部レート(戦績)を判別し、近い実力のプレイヤー達とマッチさせて良い勝負ができるようにするシステム。

これによりAPEXではカジュアルでもプレイヤーの内部レートを見られ、大きく別けて3つのマッチングに別れます。

  • 初心者サーバー:初心者だけ。一度抜けたら戻らない。
  • 中級者サーバー:初心者サーバーを抜けたプレイヤー達。
  • 上級者サーバー:実力の高いプレイヤー達。

中級者サーバーはランクで言えばゴールド~プラチナ程で、別名「雑魚鯖」と言われていたりします。(検索かけるために書いてます)

PTを組んだ場合

PTを組むと、一番強いプレイヤーに準拠したマッチングとなります。

ランクマッチでは「野良鯖」「フルパ鯖」が存在します。フルパを組むと自分達が連携出来る代わりに、敵にもフルパが多い(あくまで多いだけ)マッチングに入れられるわけです。

更にこれは経験上の推測なのですが、カジュアルでもフルパを組むと内部レートに上昇補正が掛かると思います。これによりカジュアルでもフルパを組むと若干フルパと当りやすくなるわけです。
(例:全員が中級者サーバーレベルの3人でフルパを組んだ際、その3人の内部レート次第では、本来より上の上級者サーバーに入れられる)

このSBMのせいでカジュアルがランク以上に敵が強かったり、皆バッジ目当てで減りが早くてバトロワ要素がなくなったり、初心者が経験者のフレンドと遊ぶと蹂躙されてゲームにならないなど、様々な要素でクソゲーと化して問題視されていますね。

BO4でもSBMには苦しめられました消え去れスキルベースの概念。

 

 

 

アリーナのマッチングシステム

f:id:karakuri-iori:20210528225714j:plain

では、アリーナではどうなのか。SBMは機能しているのか。

連勝すると

アリーナの配信を見ると、「野良の味方が弱いのに敵はダブ爪」や「連勝するとマスターフルパと当たる」という事態になって連勝が途絶えてしまう事態が見受けられます。

SNSや掲示板を見ていても、連勝するにつれて敵も強くなるという意見が多数ありました。ソロじゃ5連勝でも難しいくらいです。

なので自分達もそうなる覚悟はしていたんです。フルパなので尚のこと。最初は15連勝が目標でした。

実際はどうなったか

もしアリーナでもカジュアル同様の基準ならば、僕達のフルパは「上級者サーバー」に入れられて敵も強いはず。下手したらフルパ鯖に入れられる事もありえるはず。

しかし、僕達は延々と「中級者サーバー」レベルの敵と戦わされました。

どれだけ連勝しても、敵の強さが上がることは一切無かったんです

相手は基本的にゴールド~プラチナ、強くてダイヤ、稀にマスターといった感じ。クランタグを統一してるフルパと当たっても、戦う前に抜けられて不戦勝になる事が多かった。

f:id:karakuri-iori:20210529121746j:plain

しかも100連勝中、ほぼ全試合こちらの3人とも0デスで3タテし続けていた

なのでキルレも勝率も意味不明な数値になっています。

しかし何もズルい事はしていません。途中抜け・回線抜き・バグやグリッチなどしておらず、全員500レベルの本垢で深夜の東京サーバーでやっていました。

普通に考えたらあり得ないですよね。マジで意味が分からない。フルパとはいえ、あまりに勝ちが続くので何も悪いことしていないのに逆に怖い状態でした。連勝中は「勝ててるんだしこまけぇ事はいいんだよ」精神でしたが、流石に異常だったので改めて何故こうなったのかを真剣に考えました。

そして色々な可能性を考慮した結果「もしかしたらこれが理由では?」という答えがでました。

【※追記※】
同じフレ達とその後もやっていたのですが(自分は途中でフルパを組まずにプレイしてしまい連勝が途絶えてしまった……)、100連勝を超えてから敵にも余裕でプレマス爪ダブフルパが来るようになりました。超ピリピリして集中しながらやっていたので死ぬかと思いました。なので以下の推測は崩壊しましたが、逆に言えば100連勝まではずっと同じ現象が起きていたので再現性はあるかもしれません。参考程度にどうぞ。

 

 

 

アリーナのマッチメイキングシステム

f:id:karakuri-iori:20210529072718j:plain

結論から言うと、アリーナはバトルロイヤルのランク基準でSBMしていると思われます。あくまで基本的には。ここに連勝数なども多少なり絡んでくるのではないかと。

この結論に至った根拠について、以下を踏まえて説明します。

  1. 最初の数試合はSBMがおかしい。
  2. 野良・2PT時とフルパ時に敵の質が違う。

最初の数試合はSBMがおかしい

(大前提としてAPEXのSBMは完璧ではなく、結構頻繁にバグるとします)

先ず、恐らくアリーナは最初の数試合はSBMが味方にだけ機能していたと思います。

アリーナはアリーナだけの内部レートが存在するのでバトロワは関係なく、数試合アリーナを遊べばスキルベースが機能するようになると言われていました。

しかし、最初の数試合は認定戦扱いなものの、バトロワ基準(ランク基準)で味方には自分と同じ強さのプレイヤーが集まり、敵は完全にランダム(敵達もチーム全員同じくらいの強さ)という事態になっていたと思います。

だから僕の場合、最初の数試合を野良や2人PTで行った際にはダブ爪マスターが何度も味方に来ていました。そして敵は新兵だったりダイヤだったりと、まちまちです。

実際、あまりに味方に猛者しかこないので違和感を覚えて、初心者のサブアカウントでアリーナに潜ってみました。すると、味方は新兵や初級者なのに敵は上級者という理不尽なマッチング結果になりました。

野良時とフルパ時に敵の質が違う

では、その認定戦もどきの数試合を終えたらどうなるか。

これが野良(2人PTまで)の時とフルパの時に異なり、

  • 野良:直近のARマッチ結果+BRランクでSBM
  • フルパ:BRランクのみでSBM

なのではないかと考えました。

というのも、僕の経験では野良時の敵の方が圧倒的に強かったんです

これは野良だと味方ガチャになるせいや、フルパだと連携できるなどの点を除外して、純粋に敵が上手かったです。ランクも高かった。

しかしフルパを組んだら(2人PTの時のフレンド+もう1人で)、苦戦するレベルの敵が殆ど来なくなったんです。ガチ猛者が単独で混ざることはありましたが、ヤベぇパワーのフルパとは一切当たりませんでした。何十連勝しても。

そしてフルパで回している途中、1人が一時的に抜けて2PTで潜った試合があったのですが、その時は容赦なくダブ爪軍団が敵に来ました。死んだかと思いました。負けたらAPEXアンインストールしてました。

では何故そうなったのかを解説します。

 

 

バトルロイヤルのランク基準でSBM

f:id:karakuri-iori:20210529073234j:plain

バトルロイヤルのランク基準とは。

これは言葉の通り、PTメンバー全員のBRランクマッチにおける到達ランクを基準にして、同レベルの敵とマッチングしているのではないかという考えです。前シーズンの両スプリット平均ランクか、スプ2限定なのかなどは分かりません。

以下のようにバトロワの最高到達ランクを数値化してみます。

  • ブロンズ:1
  • シルバー:2
  • ゴールド:3
  • プラチナ:4
  • ダイヤ :5
  • マスター:6
  • プレデタ:7

そして、アリーナでもSBMが機能していてバトロワのカジュアルマッチように主に3区分されているとします。それを上の数値で別けると下になります。

  • 1~2:初級者サーバー
  • 3~4:中級者サーバー
  • 5~7:上級者サーバー

アリーナでは初心者アカウントでも認定マッチなどがあるため、バトロワのように露骨な「初心者サーバー」は無いのではと考えています。もしかしたら存在していて初心者垢で認定マッチ時に負け続けたら入るのかもしれませんが、試していないので分かりません。この中でも更に各層に上中下の細かい区分もあると思います。

そしてそして、フルパの際はPTメンバー全員のランク平均値を出して、必ずその数値のサーバーに入れられると考えます。すると、強い敵と当らずに連勝し続けていた辻褄が合います。

そうです。僕達フルパの1人はブロンズランクだったんですランクから逃げた敗北者じゃけぇ最近はランクを一切回しておらず、最下層のブロンズまで落ちた人でした。

では、分かり易くランク基準が前シーズンのスプリット2だと仮定します。
すると僕達3人の合計は 6+5+1=12。その平均値は 12÷3=4。4です。

平均値4=中級者サーバー

となり、敵のレベルが中堅層で固定されていた辻褄が合います。

もしもフルパでアリーナに行った際に、直近のアリーナの試合結果・連勝数・バトロワの内部レートなどによりマッチングサーバーが上下していたのなら、僕達は絶対に強いフルパと当たっていたはずです。少なくとも数十連勝後には。

野良の時

では何故に野良・2人PTの時の方が強い敵と当るのか。

これは、フルパではないので平均値が算出できないためマッチング帯が固定されず、直近数試合のデータを見た上で適当なサーバーに入れられるからではないかと考えます。

そうすると、僕が2PT時に急に敵が強くなったことも頷けます。1人欠けた僕達はランク数値の平均&アリーナの結果を参照され「フルパじゃ越えられない壁」を越えて上級者サーバーにぶち込まれていたんです。

この理論なら、ダイヤやプレマスの方の配信を見ていて苦戦していた理由も分かります。

ダイヤ以上のプレイヤーが1人でアリーナに挑んだ際は、認定マッチの結果も含めて最初は上級者マッチに入れられ、連敗したりすると段々と中級者マッチに落とされ、また勝ち出したら上級者マッチに戻される――といった繰り返しになるんだと思います。

要はバトロワと同じシステムですね。

つまり……

f:id:karakuri-iori:20210529131526j:plain

こういうことだってばよ。

f:id:karakuri-iori:20210529131015j:plain

つまり…………

f:id:karakuri-iori:20210529131526j:plain

 

 

他の人達を見ると

アリーナで連勝を目指している配信者の方などを見ると、敵のレベルもかなり高くて中々連勝できていなかったりします。猛者のフルパでも苦戦しているのを見ます。

これも上の理論で説明できます。

フルパを組んでアリーナに挑む際、誰だって出来ることなら連勝数を伸ばしたいので当然本垢でプレイしますよね。バトロワのスマーフと異なりアリーナでは最初の認定マッチから敵が強いし、サブ垢を使うメリットはないので。

そして、アリーナの連勝数に拘るような熱のあるプレイヤーならば当然バトロワのランクも高いはず。逆にバトロワのランクを気にしていない層ならば、普通はそもそも連勝なんて狙いません。僕のフレが変わり者なだけです。

つまり、何連勝としたから敵が強くなっていったわけではなく、元からランク平均値が高いフルパを組んでいたから上級者マッチに入れられて敵も強いのだと思います。

上級者マッチで戦っていたら、その中でも直近数マッチの戦績で上中下と振り分けられ、連勝途中で敵にも同じく連勝途中の猛者フルパが来るという事もあるというわけです。多分そういうことです。

 

 

まとめ

  • アリーナはバトロワのランクでSBM?
  • 低ランク帯の味方とフルパを組めば敵は強くならない?

という予想でした。
一応論理的で説得力があるのではないでしょうか。逆に言うと、この理論以外じゃ説明できない事態なんですよね。

アリーナの戦略とかも書くつもりでしたが力尽きました。

100連勝目指す方は1人ブロンズのサブ垢を混ぜたフルパとかで試してみてください。 レベルやバトロワ試合数とかの条件が絡んでいなければ同じ結果になると予想できます。ただスマーフ対策で新規垢を作っても無駄説とかも出ているので、僕達と同じようにランクをやっていなかった本垢じゃないと意味がないかもしれません。

上で追記しましたが、この理論は100連勝を超えた後で崩壊しました。その後はずっと『上級者サーバー』に入れられていた状態です。一番弱い時でも3000ハンマーが混じっていて、プレマス・ダブ爪・フルパばかり相手になっていました。なのでもう何が正しいのか分かりません。参考程度にどうぞ。

良ければTwitterのフォローお願いします。

 

 

【関連記事】